ホイルのキャンディ塗装

投稿日:

・今回は珍しい、ホイルのキャンディ塗装。キャンディカラーの色合わせは非常に難しく、見本を見ながら下塗りと上塗りをそれぞれ別々に太陽の下で調色する。(単にキャンディブルーならば苦労しないが・・・)

・下塗り、上塗りをして太陽の下で色合いを見て、合ってなければ、下塗りの濃さを調整して、再度下塗り(下塗りの色は想像で合わせるしかない)、上塗りをして太陽の下で色合いを確認する。

・色あい、キャンディの度合いともぴったりで、直射日光に当たる部分は明るくキラキラと、陰になる部分は暗くなる。