650RS W3 再生日記その4

投稿日:

・塗装が終わったフレームと小物類。

・サンドブラストの後、部分塗装(ここは半ツヤで仕上る)。

・リヤハブはバフ仕上げ。

・複雑に入り組んでいるので、手間がかかる。ハブベアリングも交換。

・ブレーキシューも40年近く眠っていたので、減ってはいないものの、ライニングが劣化しているので、交換。

・ドリブンスプロケットハウジングベアリングも交換、後輪はベアリング3点支持。

・部品が手に入る物は交換。もちろんオイルシールも。

・再メッキした部品は細かいものまで。

・リム、スポーク(本来スチール製ユニクロメッキなので数年で錆びるため、高価なステンレススポークを用意)を張る。

・縦振れ、横振れを1mmほどに納めるよう、調整を繰り返す。

・あとはタイヤを組んで完成。今回の講釈はここまで。次回の講釈は又の機会に。